日中寄り引け「Benefit3066」~ベネフィット~

システムの特徴

当システムは、バックテスト(3年)+フォワードテスト(1年)を消化したスタンダード実践志向のシステムです。生きた直近2年間のトレンド傾向に比重を置き、相場追従性に優れたフィードバック係数を採用しています。こちらも全システム共通のフィードバック・ロジックを搭載。フォロー可能な相場領域も十分な上、その優れた相場追従性にて中期的にも優れた運用パフォーマンスが期待できます。シンプルに言うならば、日中寄り引け「Ability」と「Dynamic」の中間特性をもった日中寄り引けシステムです。

こちらも、日中寄り引け「Ability」、「Dynamic」との並列分散運用、そしてナイトセッション「Impulse」、「Logical」、「Storage」との直列高効率運用とのマッチングも非常に良好です。

以下、システムスペック等をご確認下さい。

月別損益一覧

スペック概要

◆年別損益 (※先物ラージ1枚)
2018年01月~12月 : +1,179万円
2019年01月~12月 : +821万円
2020年01月~12月 : +1,619万円
2021年01月~12月 : +2,105万円

◆システムスペック
総利益額 +5,724万円
月平均 +87万円
勝率 61%(参戦数ベース)
P/F 2.5
最大ドローダウン 72万円
トレード率 100%(見送りなし)

システムのご提供について
  • シグナル発生の核となるシステム本体を、本数限定でご希望の皆様にご提供致します。
    (システム本体とブログ記載のスペックは一致致します。)
  • データを貼り付けることで、ご自身で検証が可能です。スペックに偽りがないことを確認でき、一般的なシグナル配信と比較し、より安心した運用が可能となります。
  • システム媒体はエクセルファイルです。
  • 操作方法は至ってシンプルです。セルに数値入力するだけで、瞬時に当日の売買シグナルが自動判定されます。(利確、ロスカット値も併せて表示されます。)
  • ナンバリングし、ご提供本数を厳密に管理しております。
  • スタンダード実践型 バックテスト+フォワードテスト(2018/01~2021/12)
  • ご提供金額  94,800円 → 59,800円

(※複数システムでの分散運用のお問い合わせが多いので、現在のところ、2システムをご購入の方に
ご希望の1システムを無償提供しております。)

bankcredit

関連記事

  1. 日中寄り引け「Dynamic3972」~ダイナミック~

  2. 15ティック抜きシステム「15Tickbreak2163」~15ティックブレイク~

  3. 10ティック抜きシステム「10Tickbreak1967」~10ティックブレイク~

  4. ナイトセッション「Storage4774」~ストレージ~

  5. 5ティック抜きシステム「5Tickbreak1476」~5ティックブレイク~

  6. 各システムの定義

  7. 日中寄り引け「Ability2948」~アビリティ~

  8. ナイトセッション「Logical3871」~ロジカル~

  9. ナイトセッション「Impulse3269」~インパルス~

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

人気ランキング

PAGE TOP