日経225先物のトレード

運用を始める際に大切なことは、まず「自分に合うトレードスタイル」を見つけることです。
例えば、アグレッシブに売買を重ねるデイトレで攻めるのか、1週間程度のホールドで見極める短期~中期スタイルなのか、またはSQまでを目安とするスイングで攻めるのか、これは個人の性格や好みに依存するところが多いです。

トレードの際は、トレンド方向にポジションを持つ「順張り」なのか、買われ過ぎ・売られ過ぎを見極めての「逆張り」なのかというエントリーポイントも重要。さらには、利益が出たらどこで利確し、マイナス時はどこでロスカットするのかも運用パフォーマンスを大きく左右します。またトレードのきっかけとして、具体的にどのテクニカルを参考に売買するかの検証も必要。多種多様なテクニカルが存在する中で、それぞれの特性を理解する必要があります。トレードでは、これらの要素が複合的に絡み合い最終的な運用パフォーマンスが決定します。

運用にて着実に利益を増やすには、必要十分な期間で検証を繰り返し、あらゆる相場状況で安定した運用パフォーマンスを叩き出せるロジックを組み、リアル相場で機能を最大限に発揮できるシステムが理想です。しかしながら、このような堅牢なシステムを組み上げるのは至難の業。ただ、これを一気に解決してくれるのが、検証に検証を重ね、フォワード・トレードもしっかり消化している弊社の現在リリースのシステム群となっています。

関連記事

  1. 日経225先物の利益確定について

  2. システムトレードの心構え

  3. 日経225先物の運用資金と利回り

  4. 日経225先物のトレード、自己裁量とシステムの区分

  5. システムトレードのメリット

  6. 日経225先物システムトレードの継続

  7. 日経225先物の裁量トレードとシステムトレード

  8. 日経225先物取引におけるデイトレード

  9. 日経225ミニと日経225先物取引

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

人気ランキング

PAGE TOP