日経225ミニと日経225先物取引

平成18年に、大証にて「日経225ミニ」が追加されました。日経225ミニは、より少資金から始められるようにと、日経225先物(通称:ラージ)の10分の1を最小単位としてトレードができるものです。以前に比べて証拠金レベルも低下し、個人投資家にも身近になった先物取引も、日経225ミニの追加にてさらに運用しやすくなりました。

なお、日経225先物の場合、1ティック(値動きの最小単位)は10円です。これに対し、日経225ミニでは、1ティックは5円となります。これより、1ティック動いた場合、実口座の変動額は日経225先物は1万円であり、日経225ミニは500円となります。
またシステムトレードでは、安全をみて「SPAN証拠金+最大ドローダウン×1.5倍」を1枚当たりの必要最低資金とします。これを基に、投資元本に応じてラージとミニを使い分けるのがベターです。

関連記事

  1. 日経225先物の裁量トレードとシステムトレード

  2. 日経225先物のトレード、自己裁量とシステムの区分

  3. 日経225先物システムトレードの継続

  4. 日経225先物の利益確定について

  5. 日経225先物の運用資金と利回り

  6. 日経225先物のトレード

  7. 日経225先物取引のロスカットとシステムトレード

  8. システムトレードのメリット

  9. 日経225先物の損失時におけるシステムトレードの継続

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

人気ランキング

PAGE TOP