日経225ミニと日経225先物取引

平成18年7月より「日経225ミニ」が大阪証券取引所にて取り扱われるようになりました。日経225ミニは、より少資金から始められる商品で、日経225先物取引(通称:ラージ)の10分の1を最小単位として取引できます。以前に比べ証拠金が低下し、個人投資家にとっては身近になった日経225先物取引ですが、「日経225ミニ」の登場によってユーザー視点より一層身近なものとなりました。

日経225先物(ラージ)の場合、値動きの幅(1ティック)が10円なのに対し日経225ミニの場合は5円です。つまり1ティック動いた場合、損益の変動額は日経225先物が1万円なのに対し日経225ミニでは500円です。
システムトレードを行う際は、「必要証拠金+最大ドローダウンの1.5倍程度の資金量」を1枚当たりの安全運用に割く必要がありますので、資金量に応じてミニとラージを使い分けるのがベターです。

関連記事

  1. 日経225先物の運用資金と利回り

  2. 日経225先物におけるシステムトレードの短所

  3. 日経225先物のトレード、自己裁量とシステムの区分

  4. 日経225先物の損失時におけるシステムトレードの継続

  5. 日経225先物取引におけるデイトレード

  6. 日経225先物システムトレードの継続

  7. 日経225先物でのトレード手法

  8. 日経225先物取引のロスカットとシステムトレード

  9. 日経225先物の裁量トレードとシステムトレード

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

人気ランキング

PAGE TOP